13.『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ! オトナ帝国の逆襲』

原恵一 監督『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ! オトナ帝国の逆襲』
c0046749_051739.jpg


背景動画 普段は動かない背景を動かす手法
塔の階段を転げながら上るクレヨンしんちゃん
c0046749_0515418.jpg

背景が動く=背景が主役になる=時代背景がテーマとなる。
20世紀の行動成長期の昭和の時代が主役となる。
時代は動く、背景は動かない。ならば背景のように動かない時代があるならどうか。
静止した輝かしい時代、それへのノスタルジーに浸りきるオトナ。
c0046749_0521959.jpg


子供帰りした父親(パパ)の、足のくさいにおいで、正気にもどすクレヨンしんちゃん。
c0046749_0523381.jpg

高校時代の淡い恋い、失恋、上京、新米社員としての奮闘、働くお父さん、つつましい家族の団らん。
c0046749_0541360.jpg

c0046749_0531370.jpg

記憶をよみがえらすことで、父であることを再びひきうけるパパ。
(それにしてもこのパパの回想シーンはなんてすばらしいんだろう。涙なしでは見ることができない)。
[PR]
by takumi429 | 2012-01-14 00:56 | アニメ論 | Comments(0)
<< 14.『時をかける少女』 おすすめの教科書 >>