古代ユダヤ年表

年表 (Metzger1963訳書参照)

前19-17世紀 <族長時代>

前13世紀 <モーゼ時代>

前13世紀後半 イスラエル諸民族カナン侵入・定着(?) 「契約の書」

前12-11世紀 <士師時代>部族連合、戦時における大士師の指導 

前1000頃

前961 

前926 王国分裂

「デボラの歌」ペリシテ人(鉄器を持った海の民)の東進、

シロの神殿を破壊

<王国時代>

ダビデ即位

ソロモン即位

<南北分裂王国時代>

北王国 

前900頃 ヤラベアムⅠ世、ベテルとダンに金の牛の像を起き、聖所とする。オムリ王、サマリア845 エヒウ革命(預言者エリヤとに遷都。
カナン宗教蔓延 預言者エリア

エロヒスト」(H)

王母アタリアの独裁と死
預言者エリシャ

エリシャに指導された抵抗運動の指導下に,エヒウが〈ヤ
ハウェ主義革命〉を起こし,オムリ家を打倒)


南(ユダ)王国  
前850頃

845 エヒウ革命(預言者エリヤと

840 祭司による宗教粛正

前800 両王国の繁栄と社会的退廃

前733 シリア・エフライム戦争

前721 アッシリア軍によりサマリア

アッシリアに従属 反アッシリア同盟に属する

前721 アッシリア軍、エルサレム包囲 アッシリアへの従属 

前609  メギドの戦い ヨシア王の死         

前597 新バビロニア王ネブカドネザルの軍、エルサレム包囲 

前578 新バビロニア軍によりエルサレム陥落、神殿崩壊 

<単一王国時代>

ヒゼキア王 宗教粛正 アッシリアへの反乱

預言者イザヤ(後期)「エホウィスト」(J+H)

アッシリアの衰退 ユダ王国の一時的独立 

ヨシア王(前640-609) 申命記改革 ヤハウェ原理主義 

エルサレム礼拝独占、「申命記」文書(D) 成立
                     

預言者エレミア(前期)

エジプトの支配

新バビロニアの支配              

預言者エレミア(後期)

第一次捕囚 (上層民をバビロンに連行)

第二次捕囚 預言者エゼキエル

<捕囚時代>

捕囚地バビロンで「神聖法典」(レビ記17-26章)「祭司文

書」(P) 成立 預言者第二イザヤ

<ペルシャ時代>

前539  ペルシャ軍によりバビロン陥落

前538 ペルシャ皇帝キュロスⅡ世の勅令により第一次帰還

前538 ペルシャ皇帝キュロスⅡ世の勅令により第一次帰還

前515 サマリア人の援助を断り、その妨害に耐えて神殿を再建。

前458 ネヘミア、ユダヤ州の知事として着任。城壁再建、社会改革

前430 エズラの宗教改革進展。

エルサレム神聖共同体を確立。大祭司・長老組織による行政

「モーゼ五書」(創世記・出エジプト記・レビ記・民数記・

申命記)成立。

前331 アレクサンダー大王によりペルシャ滅亡

都市の王や貴族によって抑圧され奴隷にされることに抵抗し都市から逃げ出したカ
ナンの人びとは、同じようにエジプトの王の元から逃げてきたモーゼがもたらした
ヤハウェという神を受け入れ、このヤハウェの名の下に立ち上がり、イスラエル人
を名乗り、王侯貴族を打倒した。ところがみずからの国をつくるとふただび王がう
まれ人びとを搾取し隷属させようとする。王制を批判する人びとは、人びとを開放
した戦争神ヤハウェを持ち出すことで王制を批判する。イスラエルがその両側にあ
る大国によって滅ぼされると、民衆解放の神ヤハウェをないがしろにしたからであ
ると預言者は訴えた。預言はさらに、ヤハウェはエジプト、アッシリア、新バビロ
ニアの帝国をも操って、自らの神殿さえ壊して、イスラエル(のちにユダヤ)の人
びとを罰するのだと訴えた。その結果、ヤハウェ神は、世界を支配する神となり、
バビロン捕囚後には、唯一絶対の神となった。こうして、ただ1人の神を崇拝する
一神教がうまれた。

[PR]
by takumi429 | 2015-04-26 04:17 | 社会環境論 | Comments(0)
<< アブラハムの旅 カルヴァンの生涯 >>