宗教社会学 第4回 講義メモ

宗教社会学 第4回

ウル 都市王政 暴力を背景にした市民支配
洪水神話 文字の発生は経済文書(契約など)から 神話の記録へ
貨幣経済 借金のかたに奴隷奉公(債務奴隷)
ハムラビ法典でも3年で解放するようになどと警戒・警告
都市内での格差問題 階級対立

ヨセフ物語
パロ(エジプト王)の夢解き
7年の豊作と7年の不作
穀物備蓄で乗り切る
食料生産と備蓄が公共事業となっている
王と神殿のために人民を働かせ富(食料など)を生み出し再分配する 「ライトルギー経済」
ポランニーの交換の分類 互酬・再分配・市場経済

The Bible
出エジプト記

エジプト史
2王国
下エジプトと上エジプト
ナイル川下流のデルタ地帯 要の位置の都市 メンフィス
ナイル川中流域 中心都市テーベ
統一王朝 パレスチナを避けて海岸線の町を支配して交易路を確保
ペルシャ帝国支配下
アレクサンダー大王、ペルシャ帝国を破り世界帝国を作る。
大王の死後戦友のプトレマイオスが王朝(首都アレキサンドリア)を興す。
クレオパトラはギリシャ系 アラム語・ギリシャ語など他言語を話す。
だからローマ人のアントニオともシーザーともねんごろになれた。

神殿経済
規則的なナイル川の氾濫(7・8・9・10月)沃土(シルト)
増水季アケト7〜11月・播種季ペレト11〜3月・収穫季シュムウ3〜7月
公共事業としての農業と神殿建設
書記 :読み書き・数学(計算と測量)の重要性
耕地の測量技術の高さがピラミッドなどの神殿建設に生かされた
臣民を公共事業に従事させつづける体制 (ライトルギー経済)

メソポタミア 塩害があり、灌漑が逆に塩害をもたらした。
エジプトではナイル川の氾濫(増水)のため塩害なし

出エジプトは本当にあったのか。

『あばかれた聖書の常識』 前半
ウルからの離反とエジプトからの脱出という神話は何を意味しているのか。

メソポタミア 都市王政に支配される 階級分解 貨幣経済の発展 債務奴隷(ハムラビ法典で言及)
エジプト 国家に組織され隷属して働く臣民 全面的隷属

都市王政のもとでの債務奴隷化・絶対王政のもとでの隷属臣民化の忌避
そこからの離反・離脱

[PR]
by takumi429 | 2015-05-13 12:03 | 社会環境論 | Comments(0)
<< 宗教社会学講義 第5・6回 社会環境論 第3回 講義メモ >>