3.ヴェーバー

3.  近代とは倒錯した精神が支配する社会である ヴェーバー


(1)異化する問い

 マックス・ヴェーバーの「プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神」(1905)のなかには次のような問答があります。


「なぜ楽しむことを知らずにそんなに休みなく働いているのです?」

「子どもたちに財産を残すためですよ。」

「でもそれは昔の人たちでも考えたことですよ。でも彼らはずいぶんのんびりと生活を楽しんでいきていました。決してあなたのようにあくせくと働いてはいませんでしたよ。」

「ええ、なるほどそうですね。」

「じゃ、なぜそんなに働くのですか。」

「まあ、働かずにはいられない、働いて事業を続けることが生活の不可欠なものになっているとでもいうですかね。」

「それじゃ、あなたという人間のために事業があるのではなく、事業のためにあなたは存在する、というわけですね。」

「まあ、そういうことになりますかね。」

 

 元の文章は、つぎのようなものです。

「休みなく奔走(ほんそう)することの『意味』を彼ら(「資本主義精神」にみたされた人々)に問いかけて、そうした奔走のために片時も自分の財産を享受しようとしない態度は、純粋に現世的な生活目標から見ればまったくの無意味ではないかと問うとき、彼らは、もし答えうるとすれば、『子や孫への配慮』だと言うこともあるだろう。しかし、より多くは、---『子や孫への配慮』という動機は、明らかに彼らだけのものでなく、『伝統主義的』な人々にも同様にあるのだから---より正確に、自分にとっては不断の労働を伴う事業が『生活に不可欠なもの』となってしまっているからなのだ、と端的に答えるだろう。これこそ彼らの動機を説明する唯一の的確な解答であるとともに、事業のために人間が存在し、その逆でない、というその生活態度が、[個人の幸福の立場からみると] まったく非合理的だということを明白に物語っている。」(Archiv 54/RS30/79-80頁。()は引用者挿入、[ ] は改定時(1920年)の加筆)。


 私たちがすっかりなじんでいる(同化している)ものを奇妙でよそよそしいものものに変えることで、それをはっきりと見えるものにすること、こうした技法を、芸術論では「異化」と言います。ヴェーバーはいわばこの「異化」の手法を用いて、日常当たり前に仕事に精出す資本家のあり方が、「人間のために事業があるのでなく、事業のために人間がいる」というきわめて倒錯した、「非合理」なものであることをあばきたてるのです。彼はその有名な著作を、この日常のきわめて当たり前で理にかなったと思われる生活に潜む倒錯(非合理性)をあばき立てる問いから始めるのです。

 この倒錯した非合理性は資本家だけでなく、一所懸命働いてあげくの果てに、資本家からの「搾取」をゆるしてしまう労働者にもあてはまります。

 ヴェーバーによれば、近代資本主義社会とは倒錯した非合理的な精神が支配する社会なのです。 


(2)「プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神」

 ではこの今生きることを楽しむのでなく、仕事や事業を至上の目的とするような倒錯した精神はどこから来たのでしょうか。ヴェーバーはそれをキリスト教の禁欲思想に求めます。修道士は神の栄光のために、ひたすら労働と祈りの日々をすごしていました。彼らの仕事は、神から呼びかけによって与えられた「使命」(ドイツ語ではBeruf、英語ではcalling)なのです。

 1517年に宗教改革をはじめたマルチン・ルター(Martin Luther 1483 - 1546)とその後継者たちは、 修道士や司教たちの聖職だけでなく、一般の仕事もこうした「使命」であるとみなしました。さらに宗教改革のもうひとりの大立者であるカルヴァンは(Jean Calvin1509 - 1564)は「絶対の神は人間をあらかじめ、救いに予定されている者と滅びに予定されている者とにわけている」という「予定説」を主張しました。信者はたいへんな不安にさいなまれました。しかしカルヴァンの後継者たちはその宗教的なカウンセリング(魂のみとり)で、「神があなたに与えた使命=仕事に励みなさい、そしてそこに大きな成果がうまれるなら、あたなは神に選ばれ救いに予定されている者であるにちがいありません」と助言しました。自分の救いの証拠を仕事の成果や収益に見出した信者たちは、ひたすらまじめに働き、収益をあげ、もうけを使って楽しむこともなく、さらに働き収益をあげようとしたのです。その結果生まれたのが、「搾取される」労働者と、「搾取」によって得た利益をさらに資本投下して資本の自己目的化した増大にはげむ資本家、とがつくる資本主義、が支配する近代社会なのです。

 


(3)ヴェーバーのとらえた近代社会

 資本主義がそれとはまった反対に見える禁欲思想によって生まれた。ヴェーバーはこの逆説的な発展を西洋社会の発展のなかに見出したのです。

 ヴェーバーの時代診断はすなわち、つぎのようになります。

 近代社会は逆説的にうまれた「非合理的」なものをはらむ倒錯した社会である。


[PR]
by takumi429 | 2017-10-20 19:33 | 近代とは何だろうか | Comments(0)
2.テンニース >>