<   2008年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ナイチンゲール2

ナイチンゲール2
ナイチンゲールは言います。「看護婦が学ぶべきAは、病気の人間とはどういう存在であるかを知ることである。Bは、病気の人間に対してどのように行動すべきかを知ることである。Cは、自分の患者は病気の人間であった動物ではないということをわきまえるべきである」(『看護覚え書き』「補章」)。言いかえれば、看護婦は、人間とはどんな存在であり(C)、それがどうなると病人となるのか(A)、そして、その病気の人間に対してどう看護すべきか(B)を学ぶべきだ、ということになります。
ナイチンゲール以降の看護理論は、この(A)人間、(B)病人、(C)看護を軸に整理することができます。

理論家  ヘンダーソン
人間   ニード(欲求)をもつ存在
病人   ニード充足が充分にできなくなった人間
看護   ニードの充足を助ける

理論家 オレム
人間   セルフケアする存在
病人   セルフケアできなくなった人間
看護   セルフケアの不足を補う

理論家 ロイ
人間  環境に適応して自己を維持する存在
病人  環境への適応が不充分になって自己維持が危うくなっている人間
看護  環境への適応を援助する

理論家 ロジャーズ
人間  環境と相互作用しつつ発展する統一体
病人  (環境との相互作用が充分できなくなっている統一体)
看護  (環境との相互作用を援助して本来の発展をとりもださせる)

理論家 ペプロウ
人間  (生理的・心理的な)ニードをもつ存在
病人  ニード充足が不充分な人間
看護  病人が求めている(病人の状態によって異なる)役割を演じて世話(ケア)する

理論家 トラベルビー
人間  意味付与する存在
病人  (病い)の意味の欠如に苦しむ人間
看護  病人の病いへの意味付与を援助する

理論家 レイニンガー
人間  固有の文化の中で生きている存在
病人  文化のなかで病む人間(疾患の人間でなく病気の人間)
看護  病人の固有文化を理解して世話(ケア)する

理論家 ベナー
人間  気づかいつつ、意味の世界に住む存在
病人  病いのために壊れた意味の世界に住む人間
看護  病人の意味世界の再建を、気づかい(ケア)によって援助する臨床実践

( )内は私の推測・補足

ではこれらの理論家をこれからみていくことにしましょう。

参考文献:勝又正直 著『はじめての看護理論』医学書院

(『プチナース』2007年6月号掲載)
[PR]
by takumi429 | 2008-01-27 17:16 | 看護理論 | Comments(2)

ナイチンゲール1

ナイチンゲール
19世紀半ば、クリミア半島で帝政ロシアと戦ったイギリス軍内部では、奇妙な事態が起きていました。後方の、ある病院に送られた傷兵の多くが、なぜか生きて帰って来ないのです。その病院の名は、「スクタリ病院」。病院の責任者は、政界とのコネクションを利用して看護婦団を組織して乗り込んだ、フローレンス・ナイチンゲール、その人でした。
あまりの病死者の多さに「衛生委員会」が送り込まれ、院内衛生の改善が計られました。「衛生委員会」の統計学をふまえた報告を無視するには、ナイチンゲールはあまりに聡明かつ誠実でした。彼女は、多くの傷兵を死に追いやったのが、戦争ではなく、むしろ病院の劣悪な衛生状態であり、それを監督していた自分自身であることを認めざるを得なかったのです。
人目を避けるように帰国した彼女は自分も含めた戦時病院体制についての告発文を書きますが、それは公表されることはありませんでした。彼女はひとり部屋にこもって(看護婦としてではなく)病人として、その後の人生を過ごすことになります。
彼女の看護についての考えは、じつは、かつての自分をも含む医療の体制への、病人からの、厳しい告発をうちにはらんでいるのです。(ヒュー・スモール著『ナイチンゲール 神話と真実』みすず書房 による)。
19世紀後半、ロンドンやパリが、清潔な町並みへと整備されていきます。殺虫剤や消毒薬をばらまいても、その薬が効かない虫や菌が出現してしまったら病気はまた蔓延します。よどみのない上下水道を整備し衛生的な都市をつくることこそ、伝染病の対策としては長期的にはいちばん効果的です。
ナイチンゲールが提唱したのは、病院を同じようによどみのない衛生的な施設にすることです。つまり衛生学にもとづく病棟管理こそ、ナイチンゲール看護の核心です。
医学では、患者は医学的介入の受ける動物(生物)です。医学とは別の立場をとるナイチンゲールは「病気とは回復過程である」と言いました。つまり、患者とは、環境のなかに投げ込まれながらそこでみずから回復していく能動的かつ主体的な人間にほかなりません。こうして医学とはちがう、「生きていく人間としての患者への援助」としての看護という考え方が、打ち立てられたのです。
(『プチナース』2007年5月号掲載)

参考文献 勝又正直著『はじめての看護理論』医学書院
[PR]
by takumi429 | 2008-01-26 13:18 | 看護理論 | Comments(0)

看護理論入門1

看護理論ってなぁに?

はじめまして、解説のかつまたです。社会学を勉強しています。え、看護の先生じゃないの?疑問に思われるのもっともです。私もまさか看護理論の解説をするとは。どうして私が看護理論の解説をすることになったのか。
 社会学は他の学問理論の影響をたいへん強く受けてきました。よくいえば柔軟、わるく言えば節操がない。社会学の勉強のため、導入されたさまざまな他の理論を、私は学ばなくてはなりませんでした。システム理論、精神分析学、現象学、構造主義人類学などなど。
 ある日職場の関係で看護理論の解説書を読んでみました。するとおどろくなかれ、看護学に導入されている理論は、社会学が導入した理論とまったく同じなのです。さらにフェミニズム理論や文学理論でも事態は同じでした。つまりその時々には影響力の強い理論があって、それは他の学問に導入されるものなのです。自然科学でも、物理学が化学に影響を与え、さらにそれが生物学へ、医学へ影響を与えています。
 ところが看護理論の解説は、他のどんな学問理論が影響を与えたかをちゃんと説明しないために、ひどくむずかしくなりがちです。ぎゃくに影響を与えた理論を説明すれば、その看護理論はたいへん理解しやすくなります。さいわい、看護理論に影響を与えた理論は、社会学に影響を与えた理論とまったく同じですから、先に見てきた私が、こんなふうな理論だったよと、簡単に報告して、それからその影響を受けた看護理論をみなさんと一緒に見ていけば、看護理論がわかりやすくなるだろう、というのがこの連載の趣旨なわけです。
 さて、そこで「看護理論ってなぁに?」という表題に、ここで私なりの答えをだしておきましょう。「看護理論とは、他の学問理論を積極的に導入して、看護を体系づけようとしている理論のことである」。
 ほんとうかな?さて、ほんとうかどうか、次回からみていくことにしましょう!
(『プチナース』2007年4月号掲載)

参考文献:勝又正直著『はじめての看護理論』医学書院
[PR]
by takumi429 | 2008-01-26 00:57 | 看護理論 | Comments(0)