<   2010年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

マネとゾラ(ゾラの方法)

人間は自然を取り上げ、表現する。独自の気質tempéramentを通して見た自然を描くのである。それぞれの芸術家はこのように、我々にそれぞれ異なった世界を差し出す。そして私は、これらすべての多用な世界を喜んで受け取るのだ。ただし各々は1つの気質を生き生きと表現していなければならない。『美術論』104頁

Une oeuvre d’art est un coin de la creation vu à travers un tempérament. 全集ⅩⅡp.810
芸術作品はある気質を通して見た世界の一隅である。『美術論』110頁 
ゾラの言葉を借りるなら、芸術は「ある気質を通してみた自然」にほかならない 
高階秀爾『西欧芸術の精神』青土社1979年、372頁

マネは第二帝政時代に当時の都会生活を非常に優れた職人的表現力と、才気溢れる知性で描き出した画家で、まあゾラとほぼ並べていいと思いますが、第二帝政の大変に近代的な面の観察者であり再現者であった。 平島正郎・菅野昭正・高階秀爾『徹底討論 19世紀の文学・芸術』青土社2000年、400頁

サンドーズはふたたび、ゆっくりとした口調でとぎれとぎれに話しはじめた。
「いいか、人間をあるがままに研究するのだ。もはや抽象的なあやつり人形ではなく、環境によって決定づけられ、身体の全器官のはたらきで活動する生理的人間の研究なんだ。・・・(中略)いいか、すべては相互に作用しあっているんだ。つまり人間の機構mécanismeは諸々の機能の総体なんだ!ああ、われわれの近代的革命なるもののよるべき根拠は、そこにこそあるんだ。古い社会の死、そして新しい社会の誕生、こうしてその新しい土壌には、必然的に新しい芸術が生育するのだ。・・・しかし、いまに見ることだ、来るべき科学とデモクラシーの世紀の芽生える文学が!」・・・
「なあ、そこでなんだが、おれは自分のやるべきことを見出したよ。なに、おおげさなものでなく、まあ本の人間世界の一隅coinともいえるものだ。だがそれでも人間生活全体を示すには充分なんだ。とにかく、野心はでかいぜ。・・・おれはな、1つの家族をとりあげて、その構成員の1人1人を研究してみようと思っているんだ。彼らがどこから来てどこへ行くのか、どのようにして各人が影響しあうのか、など研究する。つまり、一家族という小単位を通して人間性humanité探求、人間たるもの、いかに成長し、いかに行動するかの研究なんだ。・・・なお、それらの人物を1つの限定した時代のなかに投入し、環境やさまざまな境遇の影響するものを究めて一編の歴史を作ろうと思うのだ。それは15巻か20巻のシリーズになるだろう。といっても、各巻がそれぞれ、独自に完結する物語なんだが、それでも全体として大きな枠組みにはいっている小説シリーズなんだ。
ゾラ『制作』300-1頁 ルーゴンマッカール叢書Ⅳ巻p.554

マネ 数人のおなじみのモデルをつかって近代の生活を描く。おなじみのモデルをつかうことでその世界に見ているものが入り込みやすくなる。

バルザック 『人間喜劇』の構想 100編におよぶ小説群全体の表題
 人物再登場法 おなじみの人物をなんどもいくつかの小説の中に再登場させて、人間社会全体を描ききろうとする。

「芸術はある気質を通してみた自然」。
絵画の場合、自然を見てとらえる気質の持ち主は画家であるとまず考えられるであろう。しかし小説の場合、どの視点から物語の中の世界がとらえられるのかは、もっと複雑である。物語論ではこの、どの視点から物語られるのか、ということを「焦点化」という言葉をつかって、次の3つに分類している。
1.ゼロ焦点化・・・・・・語り手>作中人物(〈俯瞰焦点〉―― 語り手は、作中人物の誰かが知っている、ないし知覚するよりも多くを知っている、ないし物語る)
2.内的焦点化・・・・・・語り手 ≈ 作中人物(〈共有視点〉―― 語り手は、作中人物が知っている事以上のことを語らない。
3.外的焦点化・・・・・・語り手<作中人物(〈外在視点〉―― 語り手は、作中人物が知っているよりもわずかしか語らない。
1はいわゆる「神の視点」からの語りということになるし、映画ではパン・フォーカスによって登場人物全員の様子・表情が観客に一挙にわかるようなオーソン・ウエルズの映画のような場合である。
2はミステリーなどに多用される。また夏目漱石の『三四郎』は三四郎の視点からだけで語ることで、女の語る「ストレイ・シープ」という言葉が謎めいたものとなる。
3は、アガサ・クリスティの『アクロイド殺人事件』(語り手である日記の書き手はすべてを日記には書かない)やアントニオ・タブッキの『供述によるとペレイラは・・・・・・』(ペレイラの思ったことすべてが書かれない)

ゾラは登場人物の目から見た世界を描く手法(共有視点)をもちいることで、読者を、物語世界(第二帝政期の社会)へと引きずり込む。
『ボヌール・デ・ダム百貨店』の冒頭
ドゥニーズはサン=ラザール駅から歩いてきた。・・・ようやくガイヨン広場に出たとき、若い娘は驚きのあまり棒立ちになった。
「まあ、見てごらんなさいよ、ジャン」と彼女は言った。・・・
「本当に、すごいお店だわ」と彼女は、しばらく黙っていたあとでようやく口を開いた。
 それは、ミッショディエール通りとヌーヴ=サン=キュスタン通りの角にある婦人物流行店だった。そのショーウィンドウーは、10月の柔らかな淡い日ざしの中で、人目を引く鮮やかな色彩を放っていた。サン=ロック教会の鐘が8時を付けが。歩道の上は、まだ朝のパリで、事務所へと急ぐ勤め人や小走りに買い物する主婦がいるだけだ。正面の入り口の前では二人の店員が、脚殺陣の上ってウールの布地ルイをつるし終えるところで・・・。
「すごいや」とジャンは言った。・・・
「ボヌール・デ・ダム百貨店か」と、ジャンは美青年の優しい笑いを含んだ声で、看板の文字を読んだ。・・・
と延々と、おもにドゥニーズからみたボヌール・デ・ダム百貨店(の一隅)が描かれる。

同様の記述は、たとえば、島流しの島から逃げ帰ってきたフロランが仰ぎ見る、鉄とガラスでできたまばゆいレ・アールの中央市場の描写など列挙のいとまもない。

ここでは人間世界を見ているのは、さまざまな気質をもった登場人物であり、その登場人物の目をとおして、読者は、この物語世界(第二帝政期の社会)を知るのである。つまり、気質という個性をもっているのは、作家ではなくて、登場人物たちであり、その登場人物の気質によってとらえられた自然が小説を構成していく。そして気質は、ちょうど何種類か絵の具をねりあわせたように、いくつかの遺伝的な要素の組み合わせでできている。まさにルーゴンマッカール叢書という全20冊は、気質をとおしてみた人間世界、なのである。
[PR]
by takumi429 | 2010-10-28 23:33 | ゾラ講義 | Comments(0)

マネ『フォリー・ベルジェールのバー』をめぐって

マネ『フォリー・ベルジェールのバー』(1881-2年)をめぐって

この絵を見るとだれでも遠近法(perspective)のゆがみに気がつく。バー・メイドの正面にいる客の影とメイドの影は、彼女のすぐ後の鏡に映っていなくてはいけないだろう。また、鏡にうつった客とメイドの距離からして、客はメイドのすぐ前にいなくてはいけないはずである。作品の発表当時に描かれた風刺画はこの矛盾をついたものと言える。

マネ自身がかいた、この絵の習作をみると、当初はこうしたゆがみはなく、メイドの影は実物のすぐ後に描かれている。またメイドの視線も右をみており、その先に客がいて、その影が鏡に映っていて、遠近法のゆがみはそれほど見られない。

X線解析によれば、マネはメイドの影をどんどん右にずらしていき、その結果、客との距離は縮まった。
ではなぜ、マネはあえて、こうした遠近法のゆがみを採用したのだろうか。
習作と完成した絵とを比較してみよう。習作に対して完成画の大きなちがいは、(1)バー・メイドは右斜めではなく、正面(絵の観客)を見ている、(2)客とメイドは、息がかかるほど近づき相対している、(3)習作のバー・メイドは髪をアップしてきりりとした表情をした女であるのに対して、完成画のメイドは、無防備でどこかうつろな表情した娘であう。
 絵のモデルが、絵の正面を見ている、より正確にいえば、絵の観客を見ている、そうしたマネの絵を思い浮かべてみよう。
 すぐに浮かぶのが、ヴィクトリーヌ・ムーランをモデルにしたいくつかの絵である。
ヴィクトリーヌ・ムーランの肖像
彼女をモデルにして、マネは、『草上の昼食』を描き、

『オランピア』を描き、

さらに『街の女歌手』

または闘牛士(『エスパダの衣装をつけたヴィクトリーヌ・ムーラン』

最後には、『鉄道』のモデルにしている。

ほかにも、マネのお気に入りのモデルには、弟子のベルト・モリゾや妻のシュザンヌ・マネがいる。マネは近代の生活を描いた画家とされている。だが、現実の人物を描くのではなく、むしろ、おなじみのモデルを使って、さまざまな人物をモデルに演じさせて、それを描いている。
たとえば、街のカフェの情景を描いたと思われる、『プラム』でも、カフェの娘を演じているのは、友人の女優である。


何人かの特定のモデルに、さまざまな人物を演じさせる。これはちょうど、映画のスター・システムを思わせる。
ものごとの有り様は、それが展開された段階になってから振り返るとよく見えることがある。たとえば進化した人類の体の仕組みを知ったうえで、その進化の途上にあった猿たちを調べるとその体の仕組みがよく見えてくる。マルクスは『資本論』でそう言って、資本主義の段階から振り返ってそれ以前の時代をとらえなおした。
マネの絵も、その後にうまれた映画というメディアの仕組みからとらえ直しせないだろうか。

映画でしばしば見られる技法が、ツー・ショット、ショット、切り返しショットの連続である。

ショットとリバースショットの効果
観客はAまたはBになった気になる感情移入(これが映画スターへの過剰な思い入れを生む)。
観客はスターが演ずる登場人物に感情移入(乗り込む)ことで、映画のなかの物語世界を経験する。
観客が感情移入による映画の中の世界を経験しやすくするために、
おなじみの感情乗り物(スター)であったほうがいい。つまり毎回演ずる人が変わるよりもおなじみの人が演じていた方がいい。
感情の乗り物になるスターは、あまりに個性的であるために感情移入がしにくい人間であるよりも、透明感があって気持ちをとけ込めやすい人物の方がいい。だから脇役は個性的ではあるが、主役はあまり個性的すぎず、個性的でもとけ込みやすさをもっていなくてはいけない。
ともあれ、常連のスターに感情移入することで映画のなかの世界を私たちは経験する。
 さて、ここでマネの『フォリー・ベルジェールのバー』を見てみると、1つの画面のなかに、いわば映画の、肩越し(肩なめ)のショットと人物が相手の正面を向いて相手(どうじに観客)に相対しているショット、が一緒に描かれているのである。娘に向き合い、その姿が鏡に映ることで、私たちはフォリー・ベルジェールの客のひとりになっているのである。(そして私たちは映画の登場人物のようにどんどん相手にちかづいていく、それによって映画の中の世界に入り込んでいく)。マネ劇場の中のモデル、ヴィクトリーヌ・ムーランが観客の方をみていた(カメラ目線だった)のは、観客の私たちを、絵の中の世界へと導くためだったのである。そして私たちが抵抗なくその世界のなかに入れるように、彼女の表情は乗り込むための空間をもった空虚さにみちていたのである。
 そうして空ろな表情した娘と相対することで私たちは夜のパリの世界へと導かれる。見えているのは華やぎにみちた、しかしどこかまやかしの世界である。それは実体ではなく、すべて鏡にうつった虚像の世界なのである。マネの最後の傑作は、こうして私たちを虚像の、しかし輝きにみちたパリの夜の世界へと誘うのである。
[PR]
by takumi429 | 2010-10-21 12:01 | ゾラ講義 | Comments(0)

1.ゾラの生涯と第二帝政期

エミール・ゾラ著『ルーゴン・マッカール叢書』を読む
 フランス第二帝政期の欲望装置と近代の成立(映画を材料にしながら)

エミール・ゾラ(1840-1902)
フランスの小説家。今でもベストセラー作家。『ジェルミナール』(ポケット版1956-93年で320万部。『居酒屋』(同55-93年)228万部。『ボヌール・デ・ダム百貨店』(同1957-93年)127,4万冊。『ナナ』(同1957-93年)114,5万冊。『ムール神父のあやまち』(同1954-93年)115万冊。
 
年譜
1840 イタリア人技師フランソワ・ゾラの息子としてパリに生まれる。
47 父死す。
 52 エクサン・プロバンスのブルボン中学入学。
親友にポール・セザンヌ(現代絵画の元祖)とジャン・バイユ(のちに理工科大学数学教授)
54ゾラ運河開通。
58パリ移住 サン-ルイ中学入学 給費生となる。
59大学入学資格試験失敗。
60娼婦ベルトと知り合う。
61アシェット書店(現在は世界最大の雑誌出版社。ELLEなどを出版)に就職。(66年退社)。
62『クロードの告白』
66美術評論でマネらを擁護
67『エドゥアール・マネ』、『テレーズ・ラカン』(自然主義文学の宣言)

自然主義:人間という内的自然が、その環境であるもう一つの自然たる社会的環境の中でいかに生きていくかを現実に根ざして描写していこうとする文学。社会的環境の中で生きていく人間を描いたもの。近代になって変動・変容した社会環境と人間の関係を、新たな現実主義的な視点からとらえようとする。(→社会学:社会と人間の関係の把握)

マネ《エミール・ゾラの肖像》 1866年
71 『ルーゴン・マッカール叢書』(副題:第二帝政下の一家族の自然的社会的歴史)
『ルーゴン・マッカール叢書』第1巻『ルーゴン家の運命』
72 『ルーゴン・マッカール叢書』第2巻『獲物の分け前』
73 『ルーゴン・マッカール叢書』第3巻『パリの胃袋』
74 『ルーゴン・マッカール叢書』第4巻『プッサンの征服』
75 『ルーゴン・マッカール叢書』第5巻『ムーレ神父のあやまち』
76『ルーゴン・マッカール叢書』第6巻『ウジェーヌ=ルーゴン閣下』
77『ルーゴン・マッカール叢書』第7巻『居酒屋』
78『ルーゴン・マッカール叢書』第8巻『愛の1ページ』
80『ルーゴン・マッカール叢書』第9巻『ナナ』
82『ルーゴン・マッカール叢書』第10巻『ごった煮』
83『ルーゴン・マッカール叢書』第11巻『ボヌール・デ・ダム百貨店』
84『ルーゴン・マッカール叢書』第12巻『生きる喜び』
85『ルーゴン・マッカール叢書』第13巻『ジャルミナール』
86『ルーゴン・マッカール叢書』第14巻『制作』
87『ルーゴン・マッカール叢書』第15巻『大地』
88『ルーゴン・マッカール叢書』第16巻『夢』
90『ルーゴン・マッカール叢書』第17巻『獣人』
91『ルーゴン・マッカール叢書』第18巻『金銭』
92『ルーゴン・マッカール叢書』第19巻『壊滅』
93『ルーゴン・マッカール叢書』第20巻『パスカル博士』
94『三都市草書』第1巻『ルルド』
  ドレイフュス逮捕さる。
95 ドレイフュス、悪魔島に流刑。
96『三都市草書』第2巻『ローマ』
98「夜明け」紙に『告発(われ弾劾す)』を発表
  告訴、有罪となりイギリスへ亡命。
99ドレイフュス、悪魔島より帰国。
イギリスより帰国。
『四福音書』第1巻『多産』
1900 『四福音書』第2巻『労働』
01 9月29日、一酸化炭素中毒により急死。 
 03 『四福音書』第3巻『真理』

フランス史(革命後)
第一共和政(1789-1804) フランス革命(1789) 
ナポレオン帝政(1804-15)
王政復古(1814-48)
第二共和政(1848-52) ナポレオンの甥ナポレオン3世 大統領となる(1848)
第二帝政 ナポレオン3世 皇帝となる(1852)
パリ万国博覧会(1855,1867)
     オスマン男爵によるパリ大改造(1952-70) 
プロイセン・フランス戦争(1870-71)
70年9月2日ナポレオン3世スダンで捕虜となり帝政崩壊
第三共和政(1870-1940)
パリ・コミューン(1871) フランス政府軍による鎮圧(2万人の市民虐殺)
パリ万国博覧会(1889,1900) エッフェル塔(1889)
パリ万国博覧会(1900)


ヴィシー政権(1940-44) 北西部をドイツ、南部をイタリアに占領される
共和国臨時政府(1944–1946)
第四共和政 (1946–1958) アルジェリア戦争(1953-62)
第五共和政 (1958–)

ゾラは『ルーゴン・マッカール叢書』で近代社会の欲望の(喚起)装置と近代社会の病理を(綿密な現地調査に基づいて)描いた。
第1巻『ルーゴン家の運命』
第2巻『獲物の分け前』:オスマンのパリ大改造での地上げ
第3巻『パリの胃袋』:パリのレ・アールの中央市場
第6巻『ウジェーヌ=ルーゴン閣下』:権力欲うずまく政治
第7巻『居酒屋』:アルコール中毒
第9巻『ナナ』:高級娼婦
第10巻『ごった煮』:ブルジョワのアパートの表と裏。
第11巻『ボヌール・デ・ダム百貨店』:世界最初のデパート「ボン・マルシェ」がモデル。
第13巻『ジャルミナール』:炭鉱労働者のストライキ。
第14巻『制作』:印象派絵画
第15巻『大地』:農民小説
第17巻『獣人』:鉄道。鉄道殺人と鉄道事故。
第18巻『金銭』:株式バブルとその崩壊。
第19巻『壊滅』:戦争小説。

映画『ゾラの生涯』
[PR]
by takumi429 | 2010-10-03 11:09 | ゾラ講義 | Comments(0)