フェミニズムの諸思想 文献

文献

青木やよい著『フェミニズムとエコロジー』新評論
フィリップ・アリエス著、杉山訳『子供の誕生』みすず書房
バハオーフェン著、吉原達也訳『母権制序論』創樹社
『別冊宝島85 フェミニズム・入門』JICC出版局
ボーヴォワール著、生島遼一訳『第二の性』 (1)~(5) 新潮文庫
ナンシー・チョドロウ著、大塚・大内訳『母親業の再生産』新曜社
ジョゼ・ダイヤン監督、塩谷真介訳『ボーヴォワールと語る--『第二の性』その後』人 文書院
ジョゼフィン・ドノヴェン著、小池和子訳『フェミニストの理論』勁草書房
フランソワーズ・ドォボンヌ著「エコロジーとフェミニズム」(青木やよい編『フェミニ ズムの宇宙』新評論に収録)
エンゲルス著、村井・村田訳『家族、私有財産および国家の起源』大月書店
シュラミス・ファイアーストーン著、林弘子訳『性の弁証法』評論社
J.フロイド著『精神分析入門』(新潮文庫、中央バックス『世界の名著』60、人文書院 『フロイド著作集』1、日本教文社『改訂版フロイド選集』1・2)
J.フロイド著『続精神分析入門』(新潮文庫『精神分析入門』に収録、人文書院『フロ イド著作集』1、日本教文社『改訂版フロイド選集』3)
ベティ・フリーダン著『女らしさの神話』(邦題『新しい女性の創造』三浦訳大和書房)藤田真一 著「お産革命」朝日新聞
ウイリアム・ゴドウィン著、白井厚・たか子訳 『メアリ・ウルストンクラーフトの思いで』 未来社。
C.P.ギルマン著『ハーランド』(邦訳『フェミニジア 女だけのユートピア』三輪妙 子訳、現代書館)
C.フランシス・F.ゴンティエ著、福井美津子訳『ボーヴォワール ある恋の物語』平凡社ハイデガー著、原・渡辺訳『中公バックス 世界の名著74 存在と時間』中央公論社
橋爪大三郎 著『はじめての構造主義』講談社現代新書
広松渉 著『マルクス主義の地平』勁草書房
リュース・イリガライ著、棚沢ほか訳『ひとつでない女の性』勁草書房
I.イリイチ著、玉野井芳郎訳『ジェンダー』岩波現代選書
I.イリイチ著、玉野井・栗原訳『シャドー・ワーク』岩波現代選書
アレクサンドル・コジェーブ著、上妻靖・今野雅方訳『ヘーゲル読解入門』国文社
ジュリア・クリステヴァ著、枝川訳『初めに愛があった 精神分析と信仰』法政大学出版 局
ジュリア・クリステヴァ著、丸山ほか訳『中国の女たち』せりか書房
ジュリア・クリステヴァ著、棚沢・天野訳『女の時間』勁草書房1991年
A.クーン/A.ウォルプ編、上野ほか訳『マルクス主義フェミニズムの挑戦』勁草書房 1984年
中公バックス『世界の名著 53 プルードン・バクーニン・クロポトキン』中央公論社
ピーター・ラスレット著、川北ほか訳『われら失いし世界』三みね書房
ピーター・ラスレット他著、斉藤修編著『家族と人口の歴史社会学』リブロポート
レヴィ・ストロース著、馬渕・田島監訳『親族の基本構造』(上)(下)番町書房
レヴィ・ストロース著、「家族」(三保元訳『はるかなる視線』みすず書房に収録)
キャロリン・マーチャント著、団まりな他訳『自然の死-科学革命と女・エコロジー』工 作舎
マルクス著、竹田他訳『経済学批判』岩波文庫
マルクス著、城塚・田中訳『経済学・哲学草稿』岩波文庫
松浪信三郎著『実存主義』岩波新書
C.メイヤスー著、川田・原口訳『家族制共同体の理論 経済人類学の課題』筑摩書房、 1977年
J.ミッチェル著、上田あきら訳『精神分析と女の解放』合同出版
ケイト・ミレット『性の政治学』(藤枝ほか訳ドメス出版)
中公バックス『世界の名著49 ベンサム・J.S.ミル』中央公論社
J.S.ミル著、大内兵衛・大内節子訳『女性の解放』岩波文庫
水田珠枝著『女性解放思想の歩み』岩波新書。
水田珠枝著『岩波セミナーブックス9 ミル「女性の解放」を読む』岩波書店
Toril Moi (ed.),The Kristeva Reader.Basil Blackwell,Oxford 1987
『モア・レポート』集英社
ニューヨーク・ラディカル・フェミニスト「エゴの政治学」(『別冊宝島85 フェミニズ ム・入門』JICC出版局 に収録)
日本女性学研究会 '85,5シンポジウム企画集団編『フェミニズムはどこへゆく--女性原 とエコロジー--』
落合恵美子著『近代家族とフェミニズム』勁草書房
E.A.リグリィ著、速水融訳『人口と歴史』
サルトル著、伊吹武彦訳『実存主義と何か』人文書院
サルトル著、松浪信三郎訳『存在と無』人文書院
ナタリーJ.ソコロフ著、江原ほか訳『お金と愛情の間』勁草書房、1987年
エドワード・ショーター著、田中ほか訳『近代家族の形成』昭和堂
中公バックス『世界の名著 46 コント・スペンサー』中央公論社
高木八尺他編『人権宣言集』岩波文庫
棚沢直子・小野ゆり子著「フランスの現代女性思想」女性学研究会編『講座女性学3 女 は世界をかえる』勁草書房
クレア・トマリン著 小池和子訳『メアリ・ウルフトンクラフトの生と死』勁草書房。
上野千鶴子著『資本制と家事労働--マルクス主義フェミニズムの問題構制』海鳴社
上野千鶴子著「マルクス主義フェミニズム--その可能性と限界」思想の科学社『思想の 科学』1986年4、6、7、8、11、12 月号、87年1、3、4、10、11、12月号、88年 1月号に連載。
上野千鶴子著『女は世界を救えるか』勁草書房
上野千鶴子著『家父長制と資本制 マルクス主義フェミニズムの地平』岩波書店1990年
内田義彦著『資本論の世界』岩波新書
メアリ・ウルストンクラーフト著 白井たか子訳 『女性の権利の擁護』 未来社
Sylvia Walby. Theorizing Patriarchy.Basil Blackwell.1990.
渡辺恒夫著『脱男性の時代』勁草書房
[PR]
by takumi429 | 2005-01-01 15:06 | フェミニズム思想入門 | Comments(0)
<< フェミニズムの諸思想(2) 参... 8. フロンティアの喪失として... >>