『物語の森へ 物語理論入門』のレジメ

マティアス・マルティネス/ミヒャエル・シェッフェル著
『物語の森へ 物語理論入門』(法政大学出版)
(ナラティヴ研究会での報告)

物語はつぎのABに分けられ、さらにそれは6つに分けられる。
A語られる(架空の)物語世界(筋)
(1)出来事(モチーフ):筋立ての基本単位
(2)事件:出来事が時間的継起の順に並べられたもの。
(3)お話:出来事がさらに因果的関連をもって並べられたもの。
(4)筋の図式:お話の大まかな図式。
B物語ること(呈示)
(5)物語:テキストの中の順番でならべられた出来事。時間順とはちがう構成をもつ。
(6)物語行為:お話の呈示と特定の言語による提示方法と手法(たとえば語りの状況・文体)

呈示の三つの範疇(ジェネットによる)
 時間:物語の時間と事件の時間との関係
 叙法:媒介性の度合いと語られるものの視点設定。
 態(voix声):物語るとい行為。行為は物語る主体と語られるものとの関係、ならびに物語る主体と読者との関係を含む

1時間
物語られるお話の時間と物語の時間との関係は、いかなる順序で、どのくらい長、何度という三つの問いでの意味で体系化できる。
a 配列(いかなる順番で)
錯時法(Anachronie):出来事の順序の時間配列( A B C)が物語の中では変更されていること。
後説法 B A C
先説法 A C B
射程:挿入部が関連する時間と、現時点との間の時間的な距離。
規模:挿入されたお話の長さ
b持続(どのくらい長く)
場面:時間の一致した語り
拡大的語り:時間を引き延ばす語り
縮約:時間を縮約するかたり・要約的語り
省略法:時間の飛躍
休止:事件は静止したまま語りが進行。
c頻度(何度)
単起法(1対1の語り):1度起こったことを1度物語る。
反復的:1度起こったことを繰り返し物語る
括復法的:繰り返し起こったことを1度物語る

2叙法(いかなる媒介性をもって、物語れたものが呈示されるのか)
物語的叙法(距離あり)/演劇的叙法(距離なし)
a1出来事の物語 演劇的叙法→現実性の効果/物語的叙法
a2言葉の物語  演劇的叙法/移調された作中人物の発話/物語的叙法
b焦点化(どの視点から物語れるのか)
1ゼロ焦点化:語り手>作中人物 俯瞰視点 語り手は作中人物より多くを語る。
2内的焦点化:語り手=作中人物 共有視点 語り手は作中人物が知っている以上のことを語らない。
3外的焦点化:語り手<作中人物 外在視点 語り手は作中人物が知っているよりもわずかしか語らない。
複数視点の物語:移ろう内的焦点化・複数の内的焦点化

3態 物語る行為と語り手の人物、語り手と語られたものの関係、語り手と読者・聞き手
「作者は、作り出す、そして語り手は起こったことを物語る。作者は語り手と語り手のものである物語の様式を、作り出す」(サルトル)。
a物語行為の時点(いつ物語られるのか)
物語行為と物語れたものとの時間的隔たりにより、後の/同時的な/先行の語りがある。
b語りの場(どの次元から物語られるのか)
物語世界外的:物語世界の外側から語られる
物語世界内的:物語世界の中の人物が語る。「千夜一夜物語」のシエラザードの語り
 語られる物語はメタ物語世界的
c語り手の事件に対する位置(語り手はどの程度事件に参与しているか)
異質物語世界的(三人称/語り手は物語れた世界の人間ではない)
1参与しない語り手
等質物語世界的(一人称/語り手は物語られた世界の人間
2参与しない観察者
3参与する観察者
4副人物
5主要人物の1人
6中心人物(自己物語世界的)
事実の物語の場合と異なって、虚構の物語の場合には作者と語り手の間の非同一性がある。
作者は考えだし、語り手は、起こったことを物語る。
d物語行為の主体と名宛人(誰が誰に語るのか)
物語世界内的語り手の場合には物語世界内的な聞き手がいる。
物語世界外的な発話状況
「誰が誰に物語るのか」という問いを、作者と読者の歴史的な役割との関連において考察すると、・・・物語論的アプローチを、社会史・文化史的な問題提起と実り多い形で結びつけることができる。

物語の〈何〉 筋と物語られた世界
1 筋の諸要素 
a出来事――事件――お話
出来事は主語と述語からなる。
状況を変化させる/させない=(1)動的な機能/(2)静的な機能
(1a)事件 (「ベニスに死す」からの例:コレラの伝染)
(1b)行為 (例:主人公が腐りかかった果物を食べた)
(2a)状態 (例:蒸し暑さが小路に満ちていた)
(2b)特徴 (例:主人公の特徴)
(3a)結合されたモチーフ(例:アッシェンバッハは苺を食べた)
(3b)孤立したモチーフ(例:アッシェンバッハは背が低めだった)
「1つの主体が、次々に多くの出来事に出会うと、これらの出来事が〈事件〉になる。事件のなかで次々に継起する出来事は、それらが単に(時間的に)〈前後して〉起こるのみならず、ある規則や法則性にしたがって、ある出来事が他の出来事の〈原因となって〉継起する場合にのみ、まとまりのある〈お話〉になる。・・・事件は、提示された変化が動機づけされたものである場合に、お話になる。動機づけは、さまざまな出来事を、説明可能な関係性の中へ組み入れる」。
b動機づけ
(1)因果的動機づけ:ある出来事を因果-結果-関係へ組み込むことによって説明する。
(2)結末からの動機づけ:筋の経過は始めから固定されており、一見偶然と思われるものも、神の摂理や運命であることが判明する。
(3)構成的・審美的動機づけ:後の出来事を、隠喩的・換喩的に想起させるような出来事の配置。
すべての出来事が動機づけされるわけではなく、機能的には余分な細部が、現実性を増す効果を持っている場合がある。
c物語の2重の時間的遠近法(物語における時間の2つの現れ方)
「読者は、叙述された事件を、開かれた現在のこととして〔はらはらどきどきしながら〕、また同時に、閉ざされたもの、過去のもの〔もう終わってしまっているからこうして語られているのだ〕として受け入れるのである。・・・物語テキストは、二つの異なる認識論的な視点、作中人物たちの生活圏的・実践的視点と、語り手の分析的・回顧的視点を併せ持つ。読者にとって物語テキストを理解するとは、この両方の視点を知覚することである。」

2 さまざまに物語られた世界
物語テキストを理解するために、われわれは、読書行為によって物語れた世界の総体を構築する。〔その世界には書かれていないこともふくまれる〕。・・・読者は不断に、物語れた世界を1つの安定した、一貫した全体として構築しようとしている。」
複合的に物語られた世界
(1)等質的世界 対 異質的世界 (例:カフカの「変身」)
(2)単一領域的世界 対 多領域的世界
(3)安定した世界 対 不安的な世界 
幻想文学とは、不気味さ(説明された超自然的なもの)と不思議なもの(受け入れられた超自然的なもの)の間を動揺している文学(トドロフの定義)
(4)可能な世界 対 不可能な世界

3 物語の意味――筋の構造と深層構造
a筋の図式:多くの物語テキストに共通する筋の経過
  中世・近代初頭のドイツ文学で影響力が大きい筋の図式:〈危険な求婚〉
bウラジーミル・プロップの形態学
「プロップは100篇のロシア魔法昔話を調べ上げた結果、これらすべての昔話が1つの共通の抽象的な筋の構造に還元できるという洞察に至った。」
「機能(関数)」:人物が異なっても同じことをしている
31の機能の連続から昔話は成り立っている。
7つの行為項(31の機能をさらに抽象化したもの):敵対者(危害を加える者)、贈与者(伝達者)、助力者、探されている人物、とその父、派遣者、主人公、偽の主人公
cユーリー・M・ロトマンの空間意味論
主人公が世界を二分する空間の境界を越えることから、物語の1つの主題が生まれる。

4展望――文芸学以外の物語理論的な筋のモデル
a社会言語学(日常の語り)
ウィリアム・ラボフとジョシュワ・ワレツキーの60年代のスラム住人の物語態度の研究
物語の最小構造(時間順の出来事が文の連続として同じ順番で語られる)が実際の物語態度は、純粋の形では見いだせない。最小構造は、その完全な形態では、より複雑な構造の中に埋め込まれており、それは、1要約(何が問題になるか)、2定位(どこで誰がいつ)、3紛糾を引き起こす行動「葛藤」、4評価(それがどうした)、5結果・解決、6結末、6つの段階から成り立っている。実際に満足させる物語は、評価なしでは成り立たない。
b認知心理学(スクリプトと感情操作)
コンピューターに人間と同じことをさせる人工知能の研究から始まった認知心理学では、「鉛筆を買ってこい」とコンピューターに命じても、コンピューターが動かないことから、「鉛筆を買う」ということはじつは、どこに行って、何を選び、何を買うか、などの一連の動作を含んでおり、とくに買う場面では、レジに行く、レジの台に品物を置く、お金を置く、おつりと品物を取る、など、言われていないけど当然のこととしていることが「鉛筆を買う」ということのなかに台本(スクリプト)として含まれており、それをコンピューターに覚え込ませなくては、鉛筆を買うことができないということが明らになった。このように、明示されていなくても当然の前提としてその命令遂行の場面に含まれているような一連の動作や知識をスクリプトと呼ぶ。これと同様に、テキストの表層のさけがたい空白部分も同じように読者によって埋められているのである。
一定の物語図式には、読者側の一定の感情的反抗が関連している。この感情構造には(1)不意打ち、(2)緊張、(3)好奇心
c人類学(探索の筋のモデル)
プロップの31の機能にみられる円環的な筋の図式(家郷からの出発、異国で課題を果たすこと、帰還)は、食物探求の実践的・生物学的必然性からもたらされたものである。
d歴史学(「プロット化)による説明)
単なる年代記から歴史を分かつのは、歴史が次の説明をもっているから。
(1)プロット化による説明
(2)形式的な結論づけによる説明
(3)イデオロギーてきな含みによる説明
語られた物語の種類を特定することによって、ある物語の「意味」を規定することをプロット化による説明と呼ぶ。
物語の種類(ノースロップ・フライによる)
(1)ロマンス:救済物語 障害を克服し、経験世界から自らを解放する主人公の自己発見を描く
(2)風刺(茶番):不利な状況、邪悪な力、死、による主人公の避けがたい敗北を描く
(3)喜劇:敵対する力との融和と周囲の世界に対する主人公の一時的勝利
(4)悲劇:主人公の破滅の犠牲を払ってのみ得られる葛藤の解決
史料的テキストを物語る話を理解するとは、それをある元型的な筋の図式(プロット)の下に包括することである。
[PR]
by takumi429 | 2008-03-15 12:21 | 物語論 | Comments(0)
<< ケアにおける語りのメタファー ジュネット『物語のディスクール』要約 >>